個人事業主向けホームページでの集客

なぜホームページの集客がうまくいかないのか?
集客がうまくいっていないホームページは、多くの場合以下3点のいずれかに当てはまっています。

ホームページのターゲットユーザーが曖昧になっている
基本的なホームページ集客対策をしていない
ホームページの効果検証をしていない
2つ、3つと当てはまっている場合は、大至急ホームページの改善が必要です。
以下、詳細にご紹介していきます。

ホームページのターゲットユーザーが曖昧になっている
あなたの会社のホームページはターゲットユーザーが明確に設定されていますでしょうか?
ホームページで集客するにあたっては、自社の商品・サービスを使ってくれそうなユーザーを具体的にイメージし、そのユーザーを想定してホームページの内容を考える必要があります。

例えば、ターゲットユーザーが「20代・女性」の場合と「40代・男性」の場合では、ホームページの構成もアピールする内容も全く異なります。

「ありがち」なのは、ターゲットユーザーを明確にせず「年齢や性別を問わず自社の商品・サービスを知ってもらいたい、使ってもらいたい」と考えてしまうこと。

万人受けを狙ったホームページは結果として誰にも刺さらないものとなりますのでご注意ください。

2.基本的なホームページ集客対策をしていない
あなたの会社のホームページはSEO対策、広告の出稿、SNSの活用といった基本的なホームページ集客対策を行っていますでしょうか?

せっかく高いお金を使ってホームページを制作しても、集客対策が適切に行われていなければ訪問ユーザーは増えず、成果も上がりません。
ホームページに集客するためには、ホームページの内容を充実させた上で、継続的な集客対策を実施する必要があります。

※具体的な集客方法については後述の「ホームページに集客するための方法」でご説明します。ぜひご覧ください。

ホームページの効果検証をしていない
あなたの会社のホームページは「PDCAサイクル」に基づいた効果検証をしていますか?
「PDCAサイクル」とは、Plan(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字をとった言葉で、業務を継続的に改善していく手法のことです。

ホームページにおける「PDCAサイクル」は、具体的には以下の通りです。

Plan(計画):ホームページの目標を設定し、具体的な計画を立てる
Do(実行):立案した計画に基づいてコンテンツを作成し、公開する
Check(評価):Googleアナリティクスやサーチコンソールといった解析ツールを使用し、施策の検証を行う
Action(改善):検証結果をもとに今後の改善策を検討し、最初のPlan(計画)に戻る
ここで重要なのは、Googleアナリティクスやサーチコンソールを使ってしっかり評価を行うことです。実行しっぱなしの状態にならないように気をつけましょう。

引用:WEB幹事https://web-kanji.com/