パソコンは超初心者ですが!

大丈夫です安心して下さい。誰でも最初は初心者です。近くのホームページ制作で担当させていただくトレーナーも最初は初心者。その時の苦労を忘れていません。

レッスン歴は20年以上!

近くのホームページ制作では全くコンピューターをさわったことがない人をレッスンして20年のキャリア。皆さん今では立派に使いこなしています。

信頼の講師陣です!

近くのホームページ制作のトレーナーは大阪府中小企業管理者教育を受講、堺商工会議所セミナー受講活動などの経歴の持ち主です。
安心して任せられます。

無料体験を申し込む!

近くのホームページ制作では詳しくあなたのやりたいことを伺います。押しつけのレッスン内容ではありません。あなたのやりたいことを無料体験で確かめてください。

近くのパソコン教室

初心者教室はこちらです。

安定的に集客・経営目標達成へ!

中小企業庁の統計によると、日本にある企業の数は2015年時点で434万社。そのうち、99.7%の企業は大企業ではなく、中小企業です。ビジネスの世界では競争を避けて通ることはできませんが、リソースの限られた中小企業が大企業と正面から競い合うのは無謀というものでしょう。では中小企業は大企業には勝てないのでしょうか。それを考えるうえで役立つのが「ランチェスターの法則」なのです。

ランチェスターは強者を「マーケットシェアが1位の企業」と定義しています。そこで生まれてきたのが次の3つの戦略です。

1つ目はどんな市場でもいいので「シェアナンバーワンを目指すことです。

売上ナンバーワンの大企業でもすべての市場で全勝というのは難しいものです。市場を細分化し、自分が1位になれる地域や領域、ターゲット、商品で戦いを挑むのです。細かくすればするほど、個人事業主でも勝てる可能性が高まります。

2つ目は差別化です。

知名度や営業力の強い企業に対して同じような商品で、同じような営業戦略を図っても勝ち目はありません。ランチェスター戦略では、次の4つの差別化戦略が挙げられています。

・自分の過去の路線に対する差別化
・強者に対する差別化
・先発企業に対する差別化
・上位の地位にある企業に対する差別化

 個人事業主は強い企業が扱っていない商品を取り扱ったり、ターゲットにしていない層を狙ったり、地元に密着したきめ細かいサービスを行ったりすることで徐々にシェアを奪うことができます。

3つ目は戦力を1点集中させることです。

ヒト、モノ、カネといった資源が大企業に比べて劣っているのが個人事業主の特徴でもあります。それを分散させてしまっては大企業の思う壺です。

 大企業のリソースを100として、個人事業主のリソースを10とした場合、全方位でまともにぶつかると、100対10でまったく相手になりません。そこで、大企業の抱える市場の中でも1のリソース戦っている狭い範囲を狙って、個人事業主はそこに全資源を投入するのです。1対10であれば勝つことができます。
(リソース : 資源、資産)


近くのホームページ制作で、お店や会社を宣伝しましょう!安定的に集客し経営目標を達成しましょう!

ビジネス+IT https://www.sbbit.jp/より引用

お知らせ